朝に弱い

昔から朝に極端に弱い。

起きてから1時間くらい動けないことも多く、それを見越して家を出る時間からするとかなり早く起きている。

その時間を睡眠(または二度寝)にあてても、動けるようになるまでの時間はあまり変わらないので、ぎりぎりまで寝るのはよくないことは大学時代に嫌というほど知った。

早い時間に目覚ましをかけて、頑張って起きて椅子に座り、うとうとしていると次第に起きてくるので行動開始、というのが今のところの策である。

朝の用意ももっと早くできるのだろうけど、眠いのでもたもたする。

読書やブログ書き、趣味のプログラミングなど、朝活すれば目覚ましになるし毎日確実にある時間なのでリズム作りやすいのでは?と思ったりするのだが、成功の兆しはない。

朝の時間を有意義に使える人は尊敬する。